QMSの構築|宅建の資格が取れたら無敵|頭の中の未来図を現実に

宅建の資格が取れたら無敵|頭の中の未来図を現実に

男性

QMSの構築

男性

品質を確保するために

ISO9001は、品質管理手法として、多くの業種で採用されてきており、全世界で知られています。この規格を取得するにあたっては、品質マネジメントシステムを構築する必要があり、構築後はそのシステムを実用化し、必要な記録を残していくことが求められます。しかし、逆に言えば、その規格を認証取得しているということは、説明をしなくとも、その会社がマネジメントシステムを構築し、掲げた品質目標に向かって、邁進していることを示すことから、顧客から一定の信頼感を得ることができるのです。この規格のポイントは、継続的改善であり、他社から指摘を受けた場合でも、自社で改善に取り組む仕組みを持ち、よりよいシステムに変更していく機能をマネジメントシステムに取り込んでいることが挙げられます。

責任者の判断がカギ

このマネジメントシステムを有効に動かしていくためには、それぞれの責任者がしっかりとした資格を有していることが必要です。責任を持って判断をするためには、ある程度、知識と経験が必要な資格要件を設定しておく必要があり、それでこそマネジメントシステムに奥行きと幅がもたらされるのです。内部監査員、開発責任者などは、責任者として有効性の判断を求められることが多く、システムの運命を握っているといっても過言ではないのです。そのため、社内のことを熟知していることはもちろん、適切な判断をしてきた実績のある人に与えるべき資格といえます。また、システム全体の責任者である品質管理責任者についても、明確な資格を設定することはもちろん、人間的にも認められた人を任命することが重要です。取得希望者に向けたセミナーなども開催されているので、そちらに参加するとスムーズに取得することができるでしょう。