今後、需要が高まる職種|宅建の資格が取れたら無敵|頭の中の未来図を現実に

宅建の資格が取れたら無敵|頭の中の未来図を現実に

男性

今後、需要が高まる職種

ウーマン

現代に欠かせない仕事

昨今、病院や介護施設で需要が高まっている職業があります。それは、病気で言葉や耳に障害をもつ人たちのリハビリを行う言語聴覚士です。聴覚に障害があると、身体的な面だけでなく、病気によって精神面でもダメージがあります。そのため、患者の気持ちを汲みながら、根気よく訓練を介助する必要があります。言語聴覚士になりたい場合、高校を卒業してからいくつかの道があります。その中でも一般的なのが、言語聴覚士の養成課程がある大学・専門学校で3年以上学ぶ事です。卒業して言語聴覚士になれる訳ではなく、卒業することで国家試験の受験資格を得られるのです。それで、国家試験に合格すれば、医療機関や福祉施設の採用試験を受けられるというわけです。採用試験に受かれば、晴れて言語聴覚士として働けます。

資格を取るための教育機関

言語聴覚士は、耳や言語を操るのに不自由している人のためにリハビリをサポートする職種です。患者さんが快適な生活を送るためにも、需要が高まっている職種です。言語聴覚士にスムーズになるには、専門学校に通う事をお勧めします。というのも、専門学校では、言語聴覚士の国家試験を徹底的にサポートしてくれるからです。そもそも言語聴覚士として働くには、国家試験に合格して免許を受ける必要があります。試験の合格率はおよそ50%と、決して高くはない数値です。専門学校では、合格に不可欠な言語聴覚障害学総論、聴覚障害学など専門分野をきちんと学べます。その他にも、病院、リハビリテーションセンターなどで臨床実習を受ける事ができます。言語聴覚障害がある方をリハビリするのに、必要な知識・技術・倫理を効率よく修得できます。そのため、試験の合格に非常に有利です。